【Tomica No.35】スバル サンバー ラーメン屋 【じっくり観察】

サンバーラーメン屋 tomica
tomica じっくり観察

みなさま こんにちは

 本日、記録に残しておきたいミニカーは、2008年登場、タカラトミーのトミカNo.35「スバル サンバー ラーメン屋」になります。スバル・サンバー〇〇屋シリーズはトミカでも何種類もあるのですが、通常版トミカの”6代目サンバー”は2種類目です。初登場は先日記録したNo.10のパン屋でした。今回はラーメン屋になって登場です。

*.~.* 記録No-T0051 *.~.*

ミニカー本体

 ミニカーのカラーリングは、青いキャブ、架装は茶色ベースで木製をイメージしているようです。残念ながらこの青いキャブは純正カラーではないようです。ラーメン屋さんオリジナルカラーということでしょう。

 フロントから見てみますと、サンバーです。六連星エンブレムは造形されていますが描かれてはいませんね。パン屋でもそうでしたが、ヘッドライトのメッキが綺麗すぎて、逆に撮影が難しいです。

 前方向かって左手にまわりますと「とんこつラーメン 味一番」のイラスト、豚のイラストが描かれています。このサンバーのギミックはパネルが開閉するだけではなく、屋台さながらカウンターテーブルが出てきます。中はシステムキッチン的なものが設置されています。トッピングメニューがありますね。なになに、・たまご・チャーシュー・チンゲンサイ・バターコーン。ネギはフリーだそうです。なんだか北海道ラーメンのような雰囲気を感じますね。

 リアビューは窓ですね。サイズ感は微妙ですがリアコンビネーションランプやバンパー周辺のデザインは実車と同じで、パン屋とも共通です。

 運転席も忠実再現。フロアシフトサイドブレーキがあります。ハンドルもきちんと造形されています。少々座位が高い気もしますね。

  足回りもみてみましょう。RRベースなのでリアにエンジンがありますね。トランスミッションは前がマクファーソン・ストラットの独立懸架、後がセミトレーリングアーム式独立懸架ということで結構贅沢な設定ですよ。フロントにデフらしきものが見えますので4WDでしょうか。それともステアリングギアでしょうかね。

 パン屋引退の約1年後まで、約6年販売され、2014年に後継のトヨタ ノア へとバトンタッチしています。

ギミック

・パネル開閉
・SUSPENSION

モデル

 サンバーとしては6代目2度目のマイチェン後モデル(2005-2009)です。六連星(むつらぼし)が装着されたのが2002年、その後2005年にグリル形状が変更されました。4ナンバー車からグリルが消えたのが2009年ですからこの間の車両をベースにラーメン屋架装を実施したものです。エンジンはN/Aとスーパーチャージャー搭載モデルの2種類あります。
 駆動方式はRR(後輪軸より後にENGが搭載される形式)で、その独特の構造による人気が高かったのですが、2012年を最後にスバル製サンバーは50年の歴史に幕をおろしました。

まとめ

番号:   トミカ No.35
名称:   スバル サンバー ラーメン屋
販売:   TAKARA TOMY
販売期間: 2008 - 2014/12/19(金)
製造国:  CHINA
スケール: 1/55 
(全長61mm/全福25mm)
ギミック: パネル開閉 / サスペンション

VEHICLE

ブランド:  スバル
車種:    サンバー(6代目2回目のMC後) 
年式:    2005-2009
エンジン:  EN07F(48PS) 658cc 直列4気筒

       EN07Y(58PS) 658cc 直列4気筒 + スーパーチャージャー
ミッション: 5MT/3AT
駆動方式:  4WD(RR)
定員:    2人

※トミカから推定したグレード

記載内容については十分注意を払っておりますが、
誤植が含まれている可能性があります。
ご了承ください。

カテゴリー
シェアする
とりかん!

コメント

タイトルとURLをコピーしました