【Tomica No.30】恐竜搬送車【じっくり観察】

ホーム » tomica » じっくり観察 » 【Tomica No.30】恐竜搬送車【じっくり観察】
a
GIGA Dinasor tomica
tomicaじっくり観察

みなさま こんにちは

 本日、記録に残しておきたいミニカーは、2011年登場、タカラトミーのトミカNo.30「恐竜搬送車」になります。こちらのモデルはといいますと…中生代白亜紀末期頃(6500万年前~6800万年前)に登場した車両で、大きさは今の車両とそれほど変わらないものと推定されてい…、ではなく、いすゞGIGA初代6型がベースとなっている平ボデーの搬送車両です。トミカのGIGAは荷主から様々な荷物を搬送するように依頼されているようですね。

*.~.* 記録No-T0037 *.~.*

ミニカー本体

 ミニカーのカラーリングは、白色ベース。アークホワイトでしょうか。

 フロントフェイスはいすゞ・ギガです。ISUZUのエンブレムと、助手席側に「GIGA」のエンブレムが実装されています。キャブの上には恐竜の頭がのぞいています。

 キャブ側面については、カラーリングが独特です。ドアのウインドウ周囲が黒く塗られておらず、OKウインドウだけが黒く塗られています。実車ではこの様なカラーリングはほとんど見かけませんね。また左側にDPDユニットが搭載されていて「ISUZU」と造形されています。

 リアビューについては特段気づくことは無くただ恐竜の後ろ姿が見えるだけです。

 残念ながらGIGA系のトミカには車内の造形はありません。 

  裏面もみてみましょう。と言いたいところですがGIGA系は足回り、パワートレインユニットが再現されていませんね。
 約5年販売中され、後継の日野レンジャー重機搬送車にバトンタッチしています。

ギミック

・特になし

モデル

 実車の無いモデルですね。ベースのトラックはいすゞGIGA初代6型(2005-2007)でしょう。本家のいすゞGIGAは2007年にシックスボックス型のグリルへとマイナーチェンジし、2010年にまたビッグマイナーチェンジを実施してラジグリやバンパーなどが大幅に変化しています。トミカはというと、マイチェンは行わずにこちらの6型が引き続き生産されていました。2015年のフルモデルチェンジにともない、初代GIGAは国内での販売終了となっています。

まとめ

番号:   トミカ No.30
名称:   恐竜搬送車
販売:   TAKARA TOMY
販売期間: 2011/7/14(土) - 2016/6/17(金)
製造国:  CHINA
スケール: — 
(全長76mm/全福23mm)
ギミック: —

VEHICLE

ブランド:  いすゞ
車種:    GIGA(6型)
年式:    2005-2007(目安です、トラックは車両タイプにより徐々にモデルチェンジするため)
エンジン:  —
ミッション: —
駆動方式:  —
定員:    2人

※トミカから推定したグレード

記載内容については十分注意を払っておりますが、
誤植が含まれている可能性があります。
ご了承ください。

シェアする


とりかん!

コメント

タイトルとURLをコピーしました