【HB】歴代のダイハツ ストーリアを探そう=2種類=【SV車種研】

DAIHATSU 車種見分け方研究

➣DAIHATSU STORIA


Model List > DAIHATSU >
HatchBack >

◆DAIHATSU STORIA
 ダイハツ ストーリアってどんなクルマ?

 
 ✐✐基本的なイメージ
  ・スモールカーの新しい歴史、新しい車種として登場。
  ・小型ハッチバックスタイルで、1.0Lと1.3Lが設定されるも多くは1.0L。
  ・X4(クロスフォー)をサーキット&ラリーのベース車とする例が多い。
  ・トヨタ デュエットとして供給。 

 ✐✐販売期間(日本)
  ・1998年 ~ 2004年

◆ストーリアの見分け方ポイント

※グーグルマップの連続埋め込みによるバグを防ぐために、適度にページを区切っています。

掲載頁世代/モデル発見場所
1頁 前中期 (’98-’01)
後期 (’01-’04)
新潟県
秋田県

 ※日本国内のストリートビューを放浪中です。

(1998-2004)

 前中期 (1998-2001)

推定

TYPE:  -

特徴

 登場モデルです。曲線の多いボディ、丸形ヘッドライトに加え、フロントが太くリアに行くほど細くなるメッキ仕様のモールなど個性的なデザインとなっています。2000年のマイナーチェンジではフロントは変更なく、テールライトユニットのデザインが変更されています。写真はテールライト上部にクリアー部分がある前期型(’98-’00)。

 後期 (2001-2004)

推定

TYPE:  -

特徴

 2001年に後期型となります。トヨタ顔と呼ばれ、ストーリアらしさが失われたとも言われます。メッシュタイプのフロントグリルはカローラなどとも似たデザインで、グリル上部にメッキプレート、中央にダイハツのCIが配置されています。バンパーは3分割タイプでシンプルなデザインです。(写真ではストーリアかデュエットか判明しませんが・・)

○ダイハツ ブーンが登場し、ストーリアは終了となります。


【関連車種】
・DAIHATSU CHARADE (先代)
・DAIHATSU BOON (後継)

・TOYOTA DUET (姉妹車:OEM供給先)


大きく表示したい場合は、

  ⇛埋込欄左上の「Google マップで見る」をクリック

  ⇛埋込右上の「□」で全画面表示をクリック
うまく表示されない場合は、GoogleChromeで試してみてください。

記載の年式は目安です。
【バーチャル散歩シリーズのお断り】

カテゴリー
シェアする
とりかん!

コメント

タイトルとURLをコピーしました