+歴代トヨタ プラッツを探そう!=2種類=【Street Viewで、車種見分け方研究】

TOYOTA 車種見分け方研究

GoogleMapという壮大なオープンワールドで歴代のトヨタ プラッツを探します。

 TOYOTA PLATZはターセル/コルサの後継として、またVITZのセダン仕様として1999年に登場しました。プラッツも独自エンブレムが採用されており「P」をモチーフとしたエンブレムがフロントに装着されています。

外観上の見分け方のポイントも書いておきたいと思います。

*.~.* *.~.**.~.* *.~.**.~.* *.~.*

掲載頁世代/モデル発見済
1頁 前期 1.5F / 1.5X (’99-’02)
前期 1.3 / 1.0F (’99-’02)
前期 Police仕様(’99-’02)
後期 1.5F / 1.5X (’02-’05)
後期 1.3 / 1.0 (’02-’05)
北海道
岩手県
香川県/秋田県

前期 (1999-2002)

 登場型のPLATZでは3種類のエンジンが選べました。FFの1.5L/1.0Lと4WDの1.3L。グレードもそれぞれ3種類、合計9種類ありました。カラーは、マイナーチェンジするまでに何度か入れ替えがあるようです。

推定

TYPE:  1.5X / 1.5F
COLOR: Silver Metallic

特徴

 登場型です。派生元となるVITZとは異なる顔つきで、グリル中央の高さが下がった蝶型のグリル。バンパーはシンプルですが、個性的なグリルなのでプラッツ感が溢れたデザインです。最大のエンジンとなっている1.5Lのうち、Sパッケージ以外の2グレードで採用されていた14インチホイールキャップは7本スポークです。

推定

TYPE:  1.3 / 1.0F /1.0F “L”
COLOR: Super Red Ⅴ

特徴

 13インチホイールでキャップをかぶせているのは4WDとなる1.3L系ALLと、1.0L系に採用されています。

前期モデルの香川県警仕様です。4WD系のホイールキャップが装備されています。

前期モデルの秋田県警察仕様です。こちらはホイールキャップ無しですね。

後期 (2002-2005)

 後期型のPLATZでも3種類のエンジンが選べますが、1.0Lにあったお買い得エコノミーグレードである樹脂バンパーのグレードはカタログ落ちしています。フロントグリルが1本フィンタイプとなりプラッツ感が薄れ、フィットシャトルなどと似た雰囲気になっています。

掲載終了…

推定

TYPE:  1.5F / 1.5X
COLOR: Red Mica Metallic

特徴

 マイルドな印象の後期型。フォグライトは全グレードオプションです。大きな5本スポークの樹脂製ホイールキャップは、プラッツ初採用の15インチタイヤに装備されています。こちらは1.5L系装備されています。Sパッケージにはアルミホイールが用意されています。

掲載終了…

推定

TYPE:  1.3L / 1.0L
COLOR: Silver Mica Metallic

特徴

 マイルドな印象の後期型。フォグライトは全グレードオプションです。6穴のホイールキャップは、1.3Lと4WDの1.0Lに幅広く採用の14インチタイヤにキャップされているデザインです。

○ヴィッツはモデルチェンジしていきますが、プラッツは当代限りのモデルに。後継はベルタとして登場します。


【関連車種】
・TOYOTA BELTA (後継)
・TOYOTA VITZ (派生元)


うまく表示されない場合は、GoogleChromeで試してみてください。。。

記載の年式は目安です。
【バーチャル散歩シリーズのお断り】

カテゴリー
シェアする
とりかん!

コメント

タイトルとURLをコピーしました