歴代ダイハツ ミラココアを探そう!【Street Viewで、車種見分け方研究】

DAIHATSU 車種見分け方研究

GoogleMapという壮大なオープンワールドで歴代の『ダイハツ ミラココア』を探します。

DAIHATSU MIRA COCOAはミラから派生して2009年にミラジーノの後継として登場した軽自動車ですが、印象はムーブラテに似た丸型ヘッドライトでかわいい印象を持ち、本家ミラとは違った趣で、2度目のマイナーチェンジ後にはご当地モデルなども登場する様なこだわりの見られる1台となっています。

各世代・モデルの外観上の見分け方のポイントも書いておきたいと思います。

*.~.* *.~.**.~.* *.~.**.~.* *.~.*

掲載頁世代/モデル発見場所
1頁 BASE (’09-’18)
前期 with FOGLIGHT (’09-’12)
前期 PLUS系 (’09-’12)
中期 X / G (’12-’14)
中期 PLUS系 (’12-’14)
後期 (’14-’18)
愛知県
山口県
長野県
大阪府
群馬県
鹿児島県

2009-2018

登場モデルです。専用エンブレムでは大きな「C」の中央にCOCOAの文字が配置されています。丸型ヘッドライトの両外側に小さなウインカーが設定されています。
なお、一番ベーシックなコチラのデザインは前期のL・X・G等、中期以降のL等の外観となります。

前期 (2009-2012)

With Foglight

前期型のフォグライト付のモデルです。グレードとして存在したと言うよりはオプション選択だったようです。前期型のフォグガーニッシュとフォグの下についているバンパーコーナーはシルバーとなっています。

 With ROOFRAIL (PLUS X / PLUS G e.t.c)

プラスX・プラスGなどのプラス系ではシルバーのルーフレールが装着されます。他に、フォグライトやミラーウインカーなど充実の装備に加え、ホイールキャップも円を多用したデザインが採用されています。

中期 (2012-2014)

X / G等の中期型です。バンパーコーナーとグリル内径にメッキ加飾が施されています。(シルバー塗装ではなくメッキ)

 With ROOFRAIL (PLUS X / PLUS G e.t.c)

プラス系の中期型です。コチラもルーフレールが装備されている点でプラス系とわかります。また、バンパーコーナーとグリル内径にメッキ加飾が施されていますので中期型となります。

後期 (2014-2018)

 With ROOFRAIL (PLUS X / PLUS G e.t.c)

プラス系の後期型です。グリルのメッキ部分が大きくなり、バンパーグリルもワイドでフォグライトまでつながったデザインとなっています。発見できる数で言えば圧倒的に前期・中期の方が多く、少し個性が強くなりすぎた感もあるかもしれません。

○派生モデルということもあり1代限りですが、後継にはTOCOTが登場しています。


【関連車種】
・DAIHATSU MIRA (派生元)
・DAIHATSU MIRA GINO (先代)
・DAIHATSU TOCOT (後継車)


大きく表示したい場合は、

  ⇛埋込欄左上の「Google マップで見る」をクリック または

  ⇛埋込右上の「□」で全画面表示をクリック
うまく表示されない場合は、GoogleChromeで試してみてください。

記載の年式は目安です。
【バーチャル散歩シリーズのお断り】

カテゴリー
シェアする
とりかん!

コメント

タイトルとURLをコピーしました