歴代 スズキ セルボを探そう!=7種類=【Street Viewで、車種見分け方研究】

SUZUKI 車種見分け方研究

GoogleMapという壮大なオープンワールドで歴代の『スズキ セルボ』を探します。

 SUZUKI CERVOは、1977年に550cc規格で登場したクーペスタイルの軽自動車です。台を重ねる毎に丸みを帯びていきます。4代目ではスペシャルな印象から卒業し、一般的な乗用車のような印象になり、その後98年にモデルは終了となります。約8年のブランクを経て、5代目が登場しましたが、その後続かず、再び終了となります。

各世代・モデルの外観上の違い・見分け方のポイントも書いておきたいと思います。

*.~.* *.~.**.~.* *.~.**.~.* *.~.*
Model List > Suzuki > Cervo
*.~.* *.~.**.~.* *.~.**.~.* *.~.*

掲載頁世代/モデル発見場所
1頁 初代-3代 (’77-’90)
4代前期 (’90-’95)
4代後期 3Door (’95-’98)
4代後期 C (’95-’98)
5代 G 前期 (’06-’09)
5代 G Limited (’07)
5代 G LimitedⅡ (’08)
5代 T (’06-’09)
5代 TX (’06-’09)


新潟県
富山県
長野県
岡山県
神奈川県
沖縄県
京都府

初代 – 3代 (1977-1990)[捜索中]

4代 (1990-1998)

 通称セルボモード。それまでのスペシャリティカーの印象を卒業し、一般的な乗用スタイルへと変更。アルトの上位グレードとの位置づけでラインナップは豊富。3ドア、5ドアの両方があり、後期ではクラシックスタイルの「C」も登場します。

前期 (1990-1995)[捜索中]

後期 (1995-1998)

推定

TYPE:  3Door

特徴

 後期型です。グリル、バンパーともにデザイン変更されています。グリルはメッシュ構造を3つに分割したようなデザイン。バンパーの方は2段のバンパー開口部が特徴で、ウインカーは前期よりもワイドで大きなデザインになっています。3ドア、5ドアともにラインナップされており、ボンネットダクト装備のターボタイプもありました。

推定

TYPE:  C(3Door)

特徴

 後期型で追加されたクラシックスタイル、Cです。こちらは3ドアの1台ですが、5ドアタイプもあります。

5代 (2006-2011)

推定

TYPE:  G (’06-’09)

特徴

 8年ぶりに登場したセルボ。今回は男性をターゲットにし、少しシャープな印象になっています。全車5ドアのみの設定。こちらはベースグレードでノンターボの「G」。09年に若干バンパーデザインが変更されるのでそれまでのデザインです。

推定

TYPE:  G Limited (’07)

特徴

 こちらはベースグレードでノンターボの「G」に対して2段の専用グリルと各種スポイラーを追加して’07年に追加された「G リミテッド」。

推定

TYPE:  G LimitedⅡ (’08)

特徴

 こちらはベースグレードでノンターボの「G」に対して各種スポイラーを追加して’08年に追加された「G リミテッドⅡ」。先述のGリミテッドとはグリルが異なります。

推定

TYPE:  T(’06-’09)

特徴

 ターボ搭載のモデルで、グリル上のメッキプレートに長方形のインテークホールが空いています。初期メンではありますが、’09年にグレード整理の際に廃止されます。

推定

TYPE:  TX(’06-’09)

特徴

 同じくターボグレードのTX。ターボの「T」に対してエアロパーツが追加されています。TX系は09年に外観変更をうけ、専用エアロバンパーとグリル装着の「SR」と同じデザインに統一されていきます。


【関連車種】
・SUZUKI ALTO(5door) (ベースモデル)


大きく表示したい場合は、

  ⇛埋込欄左上の「Google マップで見る」をクリック

  ⇛埋込右上の「□」で全画面表示をクリック
うまく表示されない場合は、GoogleChromeで試してみてください。

記載の年式は目安です。
【バーチャル散歩シリーズのお断り】

コメント

タイトルとURLをコピーしました