歴代トヨタ bBを探そう!=8種類=【Street Viewで、車種見分け方研究】

TOYOTA 車種見分け方研究

GoogleMapという壮大なオープンワールドで歴代の『トヨタ bB』を探します。

TOYOTA bBは、カスタム前提でデザインされたシンプルな印象となっており、若者をターゲットとしたCMでも、カッコいい演出などが印象的でした。ベースデザインがシンプルで使いやすいということも有り幅広い層に人気があり街なかでもかなり見かけるモデルです。

各世代・モデルの外観上の違い・見分け方のポイントも書いておきたいと思います。

*.~.* *.~.**.~.* *.~.**.~.* *.~.*
Model List > Toyota > bB
*.~.* *.~.**.~.* *.~.**.~.* *.~.*

掲載頁世代/モデル発見場所
1頁 初代前期 S “X version” (’00-’03)
初代前期 Z “X version” (’00-’03)
初代後期 Z “X version” (’03-’05)
初代後期 S “X version”/”W Version” (’03-’05)
千葉県
北海道
広島県
徳島県
2頁 2代前期 S/Z (’05-’08)
2代前期 S/Z “X version”/”Q version” (’05-’08)
2代後期 Z “L Package” (’08-’16)
2代後期 S/Z “Earo Package” (’08-’16)
神奈川県
岡山県
鳥取県
岡山県

初代 (2000-2005)

 カスタムカーの祭典「東京オートサロン」で初登場した初代bB。メーカー純正エアロパーツももちろん設定されていましたが、各種エアロメーカーのエアロがトヨタのディーラーで初期装備出来たというなかなか珍しいモデルです。グレード体系はZとSが基本。それぞれエアロ仕様は”X version”となります。

前期 (2000-2003)

推定

TYPE:  S “X version”
COLOR: Black

特徴

 登場モデルです。SとZの見分けはフォグライト。フォグ有りがZです。また、X versionではエアロバンパーに加え専用アルミホイール(写真のもの)が装備されています。

推定

TYPE:  Z “X version”
COLOR: Blue Mica

特徴

 コチラも登場モデルです。フォグ有りですからZですね。エアロ仕様のX Version。

後期 (2003-2005)

推定

TYPE:  Z “X version”
COLOR: Black Mica

特徴

 後期型となりバンパーデザインが変わります。両フォグライトの間の空間がメッシュ構造になっているのが分かります。また、アルミホイールも写真の様な2重線の7本ホイールへと変更されます。また、ブラックはブラックマイカに変更されています。

推定

TYPE:  X (W ver. or X Ver.)
COLOR: White Peal Crystal Shine

特徴

 後期型では全車エアロバンパー仕様となっています。フォグなしですからX系と分かりますが、社外ホイールのためVersionはわかりません。X Versionであれば上のZ X Versionと同じホイール、新規追加のW Versionであればホイールキャップの鉄ホイールが装備されているはずです。

○ホイールベースを伸ばし、エンジンも大型化して居住性アップを図った2代目は次のページ

カテゴリー
シェアする
とりかん!

コメント

タイトルとURLをコピーしました