+歴代トヨタ アベンシスを探そう!=12種類=【Street Viewで、車種見分け方研究】

ホーム » 車種見分け方研究 » TOYOTA » +歴代トヨタ アベンシスを探そう!=12種類=【Street Viewで、車種見分け方研究】
a
TOYOTA車種見分け方研究

GoogleMapという壮大なオープンワールドで歴代の『トヨタ アベンシス』を探します。

 TOYOTA AVENSISは1997年に登場したセダン、ステーションワゴン、ハッチバックのモデルで、初代は主に欧州市場で展開されていました。2代目となり、2003年からは英国からの輸入車として日本でも販売が開始されます。日本ではビスタの後継車として扱われ、ネッツ店にて取り扱われていました。3代目はステーションワゴンのみのラインナップ。シルバー系カラーが人気の一台です。

各世代・モデルの外観上の見分け方のポイントも書いておきたいと思います。

*.~.* *.~.**.~.* *.~.**.~.* *.~.*

掲載頁世代/モデル発見場所
1頁 初代 (欧州専売)
2代 前期 Xi (’03-’05)
2代 前期 Wagon Xi (’03-’05)
2代 前期 Li (’03-’05?)
2代 前期 Wagon Li (’03-’05)
2代 中期 Xi (’05-’06)
2代 中期 Wagon Li (’05-’06)

北海道
北海道
茨城県
兵庫県
新潟県
静岡県
2頁 2代 後期 Xi (’06-’09)
2代 後期 Wagon Xi (’06-’09)
2代 後期 Li (’06-’09)
2代 後期 Wagon Li (’06-’09)
3代 前期 (’11-’12)
3代 中期 Wagon Li (’12-’15)
3代 後期 Wagon Li (’15-’18)
新潟県
新潟県
新潟県
岡山県

岩手県
三重県

初代(海外専売)

2代 (2003-2009)

前期 (2003-2005)

✐グレード体系はセダン・ワゴンともに同じで、エントリーのXiと上級Liを基本として、Liにスポーティな”スポーツパッケージ”が設定されていました。

推定

TYPE:  Xi
COLOR: Sylver Metallic

特徴

 国内登場モデルです。ビスタ店で販売が開始されたアベンシスで、前期型ではトヨタのCIが付されています。エントリーモデルのXiにはフォグライトが設定されていないのが特徴です。

推定

TYPE:  Wagon Xi
COLOR: Right Olive Mica Metallic

特徴

 同じく登場モデル、エントリーモデルグレードのワゴン「Xi」です。フロントの外観はセダンと同じです。ステーションワゴンらしくルーフレール標準装備となっています。

推定

TYPE:  Li
COLOR: Right Olive Mica Metallic

特徴

 上級グレードとなるLiのバンパーにはフォグライトが装備されています。スポーツパッケージの場合にはバンパー下部の黒い部分がボディ同色となっています。

推定

TYPE:  Wagon Li
COLOR: Sylver Metallic

特徴

 上級グレードとなるLiのワゴンタイプです。フォグ付きでトヨタのCIとなっています。

中期 (2005-2006)

✐マイナーチェンジではないですが、2.4Lが新設定されたタイミングでエンブレムが「ネッツ」に変更されます。Liは2.0Lから2.4Lに変更されるとともに、最上位グレードにQiが追加されます(外観的にはアルミホイール程度の差)。スポーツパッケージは廃止されますが、カラーについてはレッドマイカが追加されています。

推定

TYPE:  Xi
COLOR: Sylver Metallic

特徴

 フォグライト無しのXiです。ネッツのエンブレムなので2005年以降です。

推定

TYPE:  Wagon Li
COLOR: Sylver Metallic

特徴

 フォグライトありのLiでワゴンタイプとなります。

○ブラックアウトタイプのヘッドライトで少し引き締まった印象となる後期型は次のページ。

シェアする


とりかん!

コメント

タイトルとURLをコピーしました