【BUS】歴代の三菱ふそう エアロスターを探そう=9種類=【SV車種研】

FUSO 車種見分け方研究

➣FUSO AEROSTAR


Model List > FUSO > AEROSTAR
BUS > AEROSTAR

◆FUSO AEROSTAR
 ふそう エアロスターってどんなクルマ?

 
 ✐✐基本的なイメージ
  ・MP型バスの後継として登場した大型路線バス。
  ・シリーズを通して乗降口側のウインドウが拡大されているモデルが多い。

 ✐✐販売期間
  ・1984年 ~ 

◆エアロスターの見分け方ポイント

※グーグルマップの連続埋め込みによるバグを防ぐために、適度にページを区切っています。

掲載頁世代/モデル発見場所
1頁 初代 前期(’84-’90)
初代 後期 K(’90-’96)
初代 後期 M(’90-’96)
北海道
新潟県
北海道
2頁 2代 壱 (’96-’04)
2代 壱 Non-Step(’96-’04)
2代 弐 (’04-’07)
2代 参 (’07-’10)
2代 四 (’10-’12)
2代 伍 (’12-’14)
2代 六 (’14-)
神奈川県
福島県

神奈川県
東京都
神奈川県
新潟県

 ※日本国内のストリートビューを放浪中です。

初代 (1984-1996)

 初代エアロスターは純正ボディ(上モノ架装)として三菱自動車製の「エアロスターM」と呉羽自動車工業(後の三菱ふそうバス製造)製の「エアロスターK」があります。他に富士重工製と西日本車体工業製も見られます。3種類(後に4種類)のホイールベース尺が設定されていました。

【☆外観に関わる主な変遷】
 ✂ ’84 登場
 ✂ ’90 マイナーチェンジ

前期 (1984-1990)

推定

TYPE:  Aerostar K
BUS:   拓殖バス

特徴

 登場モデルとなるエアロスターK。丸目4灯のスタイルでの登場です。エアロスターKはエアロスターMよりもルーフがフラット(Mは中央がオーバル状に高くなっている)。また、牽引フックがバンパーすぐ上に装備されている点、ミラーステーの形状がMとは異なっています。Kのミラーステー(乗降側)は、上下2本のステーが三角形を描く配置になっています。そして、前期型はK/Mともにフォグライトが円形です。

後期 (1990-1996)

推定

TYPE:  Aerostar K
BUS:   越後交通(伊藤園ラッピング)

特徴

 後期型となったエアロスターK。フロントフェイスについては、バンパーのフォグライトが角型に変わった程度で、大きな変化はなさそうです。また、KとMの見分け方ポイントは後期型でも変わりません。

推定

TYPE:  Aerostar M
BUS:   拓殖バス

特徴

 こちらはエアロスターMの後期型。フロントフェイスはKとも似ていますね。運転席の窓が斜めになっておらず、最下端まで開くのはエアロスターMの特徴かもしれません。牽引フックがヘッドライト上端と同じ高さにあるのも特徴で、ミラーステーの上のラインは水平で、下のステーが山なりに曲がっているのが特徴的です。

カテゴリー
シェアする
とりかん!

コメント

タイトルとURLをコピーしました