【Sport】歴代のポルシェ 911を探そう=11種類=【SV車種研】

PORSCHE 車種見分け方研究

➣PORSCHE 911


Model List > PORSCHE >
SPORT >

◆PORSCHE 911
 ポルシェ 911ってどんなクルマ?

 
 ✐✐基本的なイメージ
  ・ポルシェのフラッグシップモデルとして長年続くスポーツカー。
  ・リアエンジン・リア駆動(RR)を一貫して採用。
  ・デザインコンセプトもあまり変えずに現代に至る。
  
 ✐✐販売期間
  ・1964年 ~ 現在

◆911の見分け方ポイント

※グーグルマップの連続埋め込みによるバグを防ぐために、適度にページを区切っています。

掲載頁世代/モデル発見場所
1頁 初代 (’64-’74)
2代 930型 (’74-’89)
3代 964型 (’89-’93)
3代 Cabriolet (’89-’93)
4代 993型 (’93-’98)
5代 996型 前期 (’97-’02)
5代 996型 後期 (’02-’04)

秋田県
静岡県/兵庫県
東京都
長野県

鳥取県
1頁 6代 997型前期 (’04-’08)
6代 997型後期 (’08-’11)
7代 991型前期 (’12-’15)
7代 991型後期 (’15-’19)
7代 991型後期 Carrera GTS (’15-’19)
7代 991型後期 Turbo Cabriolet (’15-’19)
8代 992型 (’18-)
8代 992型 Turbo S Cabriolet (’18-)

京都府
神奈川県
東京都
新潟県
愛知県
兵庫県
東京都

 ※日本国内のストリートビューを放浪中です。

初代 (1964-1974):捜索中

2代 930型 (1974-1989)

推定

TYPE:  -

特徴

 現在発見できている最古の911です。まだクーペスタイルというほどCピラーは倒れておらず、巨大なリアスポイラーが装備されています。初代にはなかった大きなバンパーが装備されたのが2代目。バンパー内にウインカーが装備されています。15年と言う長いモデルの間に多くのマイナーチェンジやパワーアップが施され、様々なモデルが存在しています。

3代 964型 (1989-1993)

推定

TYPE:  -

特徴

 Cピラーが滑らかに後部ラインへとつながるクーペスタイルとなり、フロントバンパーに丸みがましてウインカーとフォグライトが一体型となった3代目。エンジンが3.6Lに大幅拡大。Carrera RS 3.8では3.8Lも。

推定

TYPE:  -

特徴

 同じモデルだと思いますが、せっかく見つけましたので赤青両方掲載してみます。

推定

TYPE:  Cabriolet

特徴

 オープンスタイルのカブリオレは、3代目では登場当初から設定されていたようです。淡いクリーム色のポルシェ、ソフトトップの黒いルーフです。

4代 993型 (1993-1998)

推定

TYPE:  -

特徴

 4代目、993型へとモデルチェンジします。先代とデザインはよく似ていますが、全体的に空力を意識した曲線となっていて、ヘッドライトの突き出し具合もまろやかに。ウインカーがアンバーなのはRR、クリアータイプなのが4WDだそうです。ワイパーが2本、ほぼ同じ中央に設置されているのが個性的ですね。

5代 996型 (1997-2004)

 前期 (1997-2002):捜索中

 後期 (2002-2004)

推定

TYPE:  -

特徴

 5代目は996型。ボクスターと多くの共通部品を利用している世代で、丸目ヘッドライトではなく涙目となっています。前期型はまさにボクスターとそっくりのフェイスですが、後期型は尖った涙目となっています。

○丸目ヘッドライトへと回帰して、さらなるパワーアップを果たした6代目997型911は次のページ

カテゴリー
シェアする
とりかん!

コメント

タイトルとURLをコピーしました