+【A Seg】歴代のフィアット 500を探そう=5種類=【SV車種研】

FIAT 車種見分け方研究

➣FIAT 500


Model List > FIAT > 500
A SEG > 500

◆FIAT 500 フィアット 500(チンクェチェント)ってどんなクルマ?

 
 ✐✐基本的なイメージ
  ・4人乗りの小型モデルで、かつてのコンパクトカーの印象を残しているモデル。
  ・ルパン三世の乗っているクルマとして有名。
  ・1世代が長いが、特別仕様車が多い。
  ・ABARTHによるハイエンドモデルも日本ではよく見かける。▶ABARTH 500/595


 ✐✐販売期間
  ・1936年 ~ 現在

◆FIAT 500の見分け方ポイント

※グーグルマップの連続埋め込みによるバグを防ぐために、適度にページを区切っています。

掲載頁世代/モデル発見場所
1頁 初代 (’36-’55)
2代 Jolly (’58?-’59?)
2代 500L (’68-’72)
3代 500 前期 (’08-’16)
3代 500C 前期 (’08-’16)
3代 500 後期 (’16-)

神奈川県
東京都
神奈川県
徳島県
東京都

 ※日本国内のストリートビューを放浪中です。

2022/8/5 リンク修正

初代 (1936-1955)

※捜索中…と言うか博物館レベルでは…

2代 NOUVA 500 (1957-1977)

推定

TYPE:  FIAT 500 Jolly (’58-’59?)

特徴

 1950年代に一世を風靡したというFIAT 500のビーチ特化型モデル「Jolly」です。ヘッドライト下の空気導入スリットがあるので1959年以前の前期型がベースでしょう。屋根は無いがワイパーはあるというなんとも矛盾した装備が面白いですね。コチラのサイトさんによると非常にレアな1台の様です。文章が面白いです!

推定

TYPE:  500L

特徴

 NOUVA 500の中期型、ドアヒンジが前方に移動した1965年以降のモデルです。バンパーに補強バーが取り付けられているのはデラックスモデルの500L(’68-’72)でしょうか。

3代 500 (2008-)

 前期 (2008-2016)

推定

TYPE:  -

特徴

 NOUVA 500が誕生して50年を迎えた記念として登場したFIAT 500。実際はNOUVA 500との関連は無いそうだが、デザインコンセプトは確実に踏襲していますね。2ドアで4人乗り。曲線の多いハッチバックスタイルですが、クラシカルな雰囲気ではなくどちらかと言えば近代的な印象です。運転手さんピースしてますね!ここに載ってますよ~♪

推定

TYPE:  500C

特徴

 電動格納式ルーフ装備となっているオープン仕様の500C。

 後期 (2016-)

推定

TYPE:  -

特徴

 後期型となります。500はモデルサイクルが長いのも特徴ですね。バンパーデザインが変更となり、バンパーモールがロアグリル上部ではなく、ロアグリル両端から伸びるデザインとなります。合わせてフォグライトが若干横長になります。


【関連車種】
・FIAT 500X (クロスオーバースタイルの500)
・ABARTH 595(ハイパフォーマンスモデル)


大きく表示したい場合は、

  ⇛埋込欄左上の「Google マップで見る」をクリック

  ⇛埋込右上の「□」で全画面表示をクリック
うまく表示されない場合は、GoogleChromeで試してみてください。

記載の年式は目安です。
【バーチャル散歩シリーズのお断り】

カテゴリー
シェアする
とりかん!

コメント

タイトルとURLをコピーしました