【カントリ】青森県三戸郡南部町

ホーム » かんとり » CS東北 » CS02(青森) » 【カントリ】青森県三戸郡南部町
a
CS02(青森)CS東北かんとり

市町村コード:02445
読み:なんぶちょう

南部町

カントリーサイン

国道104号 八戸市境(一般道/カラー/町章)

2019/05撮影

デザイン

 南部町のカントリーサイン(国道104号)は、水色の三色刷となっています。3色刷りは青森県ではまだあまり多くなく、合併でデザインが新しくなっている市町村、五所川原市、つがる市など数市町村にとどまります。こちらのカントリーサインは絵柄部分に外枠がありますね。南部町のHPによると、名久井岳、馬淵川、農産物の2つの円が描かれているそうです。南部町HPには、次のように記載されています。

 南部町の自慢である、緑あふれる名久井岳と馬淵川の清らかな流れをモチーフとしたデザインです。ふたつの赤い円は、豊かな農産物の実りを表すとともに、人と自然の調和により発展する町の将来像を象徴しています。

http://www.town.aomori-nanbu.lg.jp/

ロケーション

 国道104号に設置されています。青い森鉄道「北高岩駅」から徒歩で撮影が可能です。

アクセス

🚗車 八戸IC/八戸西ICより約15分
🚋青い森鉄道 北高岩駅 徒歩数分

ご当地アラカルト

地名

 南部というのは、”青森県の南部”ではなく、南部氏の”南部”でしょう。南部氏は甲斐国南部から移り住んだ人々ですから、ルーツは甲斐国南部とも言えそうです。

 地名としては、近世の地名には南部は見当たらないようです。ただ、四門九戸の制における東西南北というのは多少なりとも関係があるかもしれません。そうすると、東西南北の”南部”という説もまた浮上してきそうです。 
 南部鉄器というと、こちら南部町ではなく岩手県の名産ですよね。ただ、岩手県の南部も南部氏が青森から伝播させたということのようなので、”南部”は結局みんな同じルーツなのかもしれません。

掲載している写真はすべて当方で撮影したものですが、移動中の車内から撮影した場合でも、必ず運転者と撮影者2名以上の体制で撮影しております。

シェアする


とりかん!

コメント

タイトルとURLをコピーしました